何を選び、何を選ばないか

 

 

人生は、選択の連続。

選択の集合体。

みずからの度重なる選択により成り立っている。

 

 

朝起きてから、夜寝るまで

衣・食・住

思考、行動

人との付き合い方、時間の使い方

自分の持つ資源(才能・資質・お金・体力・エネルギー)の使い方

 

 

生命活動のすべてにおいて

毎瞬、毎瞬、

何かを選ばず

何かを選んでいる。

 

 

まずは、

あなたが無意識に選んでいる「それ」を自覚しよう。

 

あなたが選んだもので、あなたの現実は創られていることに気づこう。

 

 

 

 

 

魂は永遠だけど、

肉体年齢は有限。

 

 

あなたが、あなたでいることは、今世限り。

 

まさに一期一会。

魂が、あなたという肉体を持った人間を生きることは今回限りで、後にも先にももうない。

 

 

100年なんて、あっという間だから。

残された時間はあまりない。

 

だからこそ、

あなたがあなたでいる間

何をするのか

どう生きるのか

自分で決めることだ。

 

 

「え?もう終わるの!」と悔やんでも遅い。

気づいたら寿命だったということになっても、誰にも文句は言えないのだから。

 

IMG_6414 (1)

 

主体的に生きよ。

 

何を選び、何を選ばないのか。

 

流されることなく、自分で決める。

 

そして、一度決めたら、それだけに集中する。

 

 

 

時間も資源も限りがあるからこそ、

 

魂を眠らせたまま、死にながらにして生きるのではなく、

魂を輝かせ、命を使う。

 

 

そのためには、いつも意識して生きること。

 

主体的に、選択と集中をしよう。